株式会社WOODLAND ウッドランド

SERVICE / 建築設計 / 建物構造・工法

建築設計
Custom order
Full order
建築スケジュール
建物構造・工法
地盤調査、地盤保証、建物保証
分譲事業
買取査定
建築設計 分譲事業 買取査定
Custom order Full order 建築スケジュール 建物構造・工法 地盤調査、地盤保証、建物保証

日本の一戸建て住宅

現在の新築一戸建て住宅は88.5%が木造で作られています。
そのうち、木造軸組工法(在来工法)が74.4%、木造枠組工法(2×4工法)が11.2%で構成されており、この2種類の工法が主流と言えます。(H26年 国土交通省資料より)

木造軸組工法(在来工法)とは
在来工法は柱、梁、筋交いといった構造材を組み合わせ、金物補強で強度を高めることにより建物自体の強度を確保します。
木造枠組工法(2×4工法)とは
北米などで最も主流の工法です。構造用製材でつくった枠組に構造用合板を張り付けたパネルで壁・床・屋根を構成し、パネル全体で外力を受け止めます。力が一点に集中せず分散されるため、外力に対しての強度が高い工法になります。

木造軸組工法(在来工法)

木造枠組工法(2×4工法)

当社の構造について

当社は経験豊富なスタッフにより在来工法または2×4工法それぞれ行うことができますが、有資格者が土地形状や建物形状などを総合的に判断し決めさせていただいております。

プライバシーポリシー Copyright c2017 WOODLAND Co.Ltd All Rights Reserved